卓上ハーブ蒸留器の作り方

news  エンゼル型枠を二つ重ねて使う方式にリニューアルしました。(2013.3.21)

【概要】
 台所は以下の点で蒸留に適しています。
  @.熱源が有る。
  A.水回りに強い。
  B.換気機能が有る。
従いまして台所での蒸留は実用的なのですが、台所は決して広くは無い。
そこで、台所で使える省スペースな蒸留器、具体的にはコンロに載せるだけで使える蒸留器を考えました。

加工作業としては、テープ貼り、くり抜き、切り落しレベルですので、是非とも自作に挑戦して頂きたいと思います。

また分解が簡単==>臭い落しが簡単の特徴も持っており、様々なハーブを蒸留するに適した蒸留器でもあります。
(前のハーブの香りが残ってしまうと、純粋な香りが採れません)

【完成図と蒸留原理】
蒸留原理について説明したいと思いますが、言葉で説明するのは難しいので絵を作りました。
下記ご覧下さい。
簡単に申せば、香り成分を含んだ水蒸気を冷たいケーキ型枠に当てて液化する原理です。

蒸留原理図


【性能】
 周囲の温度や蒸留材料によって異なりますが、蒸留能力は概略15分で80cc
の芳香蒸留水(ハイドロゾル)抽出です。
(より多くの抽出をお望みの方は、本ホームページ後半のより高性能化をご覧ください)

 エッセンシャルオイル(精油)の抽出はこの規模の装置では無理ですが、ラベンダーなどの
精油成分を多く含む材料を使った場合、芳香蒸留水の表面にうっすらとエッセンシャルオイル
(精油)の幕が作られる事もあります。

【注意】
1.火傷(やけど)にご注意
   100℃に達する水蒸気を扱いますので、常にやけどには気をつけて下さい。
2.事前のお断り
   本ホームページを見られて実行されたいかなる結果につきましても
   当方は責任を負いませんのでご了承下さい。



それでは以下、自作と蒸留の手順となります。


【蒸留部の材料】
 蒸留部は鍋、蒸し目皿、高ナット、金折れで構成。
右の写真で順次説明します。

 先ずは鍋。上にケーキの型枠を載せますので、蓋が平らに近いアルミ鍋にして下さい。 また18cmのケーキ型枠を使いますので、鍋のサイズは最低でも20cm。

 次は蒸し目皿。
鍋のサイズに合わせて用意して下さい。

 続いて高ナット。
写真では手前中央。蒸気を導く筒の役目を持たせます。
長ナットとも呼ばれますが、要は幅の広い雌ネジ。工具売り場にあります。 サイズはネジ穴が10mm、長さが50mmです。錆びにくいステンレス製がベスト。 1つ300円くらい。

 最後は金折れ。
写真では手前右の3つ。高ナットを鍋に固定する為に使います。 高ナットに巻き付けて使いますので、幅が5mm程度のものを選んでください。 工具売り場で見つけられると思います。1つ100円程度。

【冷却部の材料】
 冷却部はエンゼル型枠、鍋敷き、焼き網、シリコンチューブ、小皿で構成。 右の写真で順次説明します。

 先ずはエンゼル型枠ですが、代表的なケーキ型枠です。
写真では左奥の二つ。一つは冷却水入れ、もう一つは蒸留水受けとして使います。 サイズは18cm。金属製を選んでください。一般には調理器売り場にあります。 写真は百円ショップで見つけた物で、一個630円でした。

 次は鍋敷き。
写真では左手前。ケーキ型枠のすべり止めとして使いますので、シリコン製が必須。写真は百円ショップで購入しました。 真ん中に穴を開けて使います。

 続いて焼き網。
二つのケーキ型枠を二段重ねする為に使います。
これも百円ショップにありました。20cmサイズ。

 そしてシリコンチューブ。
写真では手前右です。焼き網に張り付けて、二つのケーキ型枠の滑り止めとして使います。耐熱を必要 とする為にシリコン製が必須。外径6mm、ホームセンターのホース売り場にあると思います。 1メートルで300円くらい。

 最後は小皿。
写真では右奥。敢えて購入しなくても台所から探し出せると思います。 蒸気を逃がさない為のフタ、として使います。

【工具類】
 工具類としては、
ハサミ、ニッパ、彫刻刀、結束バンド、耐熱アルミテープ。
右の写真で順次説明します。

 ハサミの説明は省略して、先ずはニッパ。
写真では奥の中央。結束バンドの切り落しに使います。
必須ではありません。爪切りでも間に合います。

 次は彫刻刀。
写真では右奥。シリコン製の鍋敷きに、穴を開ける為に使います。丸刃タイプが便利。 百円ショップにありました。

 続いて結束バンド。
写真では手前左。シリコンチューブを焼き網に張り付ける為に使います。紐で結ぶよりも作業が楽です。 長さ100mmで一番小さいサイズ。電気部品の売り場で100円くらい。

 最後に耐熱アルミテープ。
写真では手前右。鍋の小穴ふさぎと、高ナットの固定に使用します。蒸気の当たる場所での使用となりますので耐熱 である事が必須。カー用品店、あるいはホームセンターのカー用品売り場にあると思います。900円くらい。

【蒸留部の加工】
1.小穴ふさぎ 鍋蓋の小穴から蒸気を逃がさない為の加工。実作業は耐熱アルミテープを貼るだけです。 蓋の裏側から貼ると良いでしょう。
2.高ナット固定 鍋蓋に高ナットを筒の様に固定します。

金折りの仮固定

金折りの本固定

鍋蓋への固定

の順で作業するのが良いでしょう。いづれも耐熱アルミテープの出番です。

永久固定ではありませんので、蒸留の繰り返しで緩んでくると思いますが、その時は貼り直して下さい。







【冷却部の加工】
1.穴あけ シリコン製の鍋敷きに2cm程度の穴を開けます。彫刻刀での刻み作業となります。
2.チューブ貼り 金網にシリコンチューブを貼り付けます。 表から裏に通したシリコンチューブを放射状に引っ張る形で張り付けます。 縛りは結束バンドの出番。結束バンドの残った部分はニッパ、或いは 爪切り等で切り落として下さい。

尚、チューブを貼り付ける理由はケーキ型枠の滑り止めです。


さて、いよいよ蒸留手順です。

1.冷却の準備 ケーキ型枠に氷と水を入れ、冷やしておきます。氷の量は400gくらい。
2.水入れ 余裕を持って500ccほど入れます。
3.蒸し目皿入れ 蒸し目皿をお忘れなく。
4.ハーブの準備 最後にハーブを入れます。
写真は乾燥ローズマリーの50g。
5.組み上げ 写真の順に組み上げます。









6.火入れと火力調整 (注;部品の一部にシリコン樹脂を使っていますので、全体を通して中火以下でお使いください。)

 水蒸気が上がるまでは中火でも結構ですが、水蒸気が上がってきたら火力を コントロールし、水蒸気が無駄にならない様にします。火力としては基本的に 「弱火」です。

 水蒸気の漏れを無くす事はできません。 むしろ、蒸留者しか味わえない特権として漏れる香りを楽しんで下さい。 蒸留時に漏れる香りが一番良い香りなのです。
【蒸留風景(動画)】
YouTubeへ投稿しました。こちらをご覧下さい


7.蒸留の終了 冷却用の氷が溶けて、冷却水がお風呂の温度になってしまったら蒸留は終了です。 下のケーキ型枠に80cc程の芳香蒸留水が溜まっている筈です。
8.洗浄 別のハーブを蒸留する場合は鍋とケーキ型枠を洗剤で洗浄して下さい。

【より高性能化】
 購入先が限定されますが、深型エンゼル(右の写真)というものがあります。 容量が多いのと真ん中の穴がふさがっているのが特徴です。 18cmサイズを購入して性能を確認してみました。

先ずは容量面ですが、氷(ロックアイス)が600g程はいりました。通常の1.5倍です。

そして結果ですが、15分で100cc程 の芳香蒸留水が採れました。
2割アップです。個人で遊ぶには事足りる量でしょう。

性能が上がり、また、デザイン的にすっきりする点を考慮すると、最初から深型を購入する事も 有りかなと思います。

尚、深型の購入ですが、ネット購入が無難です。


コンテンツ更新日 2013.03.26 コンテンツ作成者の紹介


関連ホームページ
javaアプレットからhtml5への移行メモ

埼玉県熊谷市あい司法書士事務所

世界の気温と雨季のグラフ

さいたま穀倉地帯の生き物たち

ハーブ蒸留日記