コンテンツ作成者の紹介

名前;吉澤 辰夫
年齢;65歳
職業;汎用機プログラマー(だった)
資格;情報処理技術者(1種,2種) XMLマスター(ベーシック,プロフェッショナル)
家族;妻,子供3人 + ペット(猫1,犬2)
趣味;お遊び程度の家庭菜園
覚えたプログラミング言語;
  FORTRAN,COBOL,PL/I,ASSEMBLER,PASCAL,C,JAVA,XML,VBA
諦めたプログラミング言語;
  Smalltalk (しかし、オブジェクト指向はJAVAにて体得した)
公開ホームページの裏話

  JAVAによる待ち行列シミュレーション
      無駄な待ち時間を少しでも減らして欲しい願望から作ったプログラムです。
     一番最初にYAHOOに登録された。登録されるまではほとんど訪問者が無かったのに
     登録されたとたんに訪問者が100回/日に急増した。あの時の感激は忘れられない。
     しかし、3,4日して訪問者は30人前後に落ちた。
     登録時期は1999年の夏だったと思います。JAVAのアプレットが盛んな頃でした。

  ローンと個人年金のシミュレーション
      もっとアクセス数を伸ばしたいと思って作った作品。誰にも関心ある分野を狙った。
     (でも複利の恐ろしさを知って、複利の餌食にならないで欲しい願望もあります)
     かつて仕事で利息計算をした事があったのでその時のノウハウを応用。
     構想からYAHOO登録までに一ヶ月もかからなかったと思う。
     パイが広い為か、YAHOO登録時の訪問者は300回/日に達した。
      こちらの登録時期は2000年の春だったと思います。
     YAHOOが有償登録を始めるずっと前の事です。

  WEB版_時差アナログ時計
      自分が困って作ったもの。仕事の関係で外国の時刻を把握する必要があった。
     かつて仕事で得た図形処理のノウハウを応用。シンプルで軽快に出来上がった。
     後発ながら一番の人気。が,YAHOOは登録してくれない。でもこれが普通。
     YAHOOへの登録は大変に難しかったのです。その代わり、Googleのディレクトリ
     に登録された。場所は「旅行」の、「海外情報」。Googleは検索としては一番と言われている。
     ==>だが2011年7月、Googleのディレクトリはひっそりと終了。時代が変わったのだ。

  多拠点アナログ時差時計
      2拠点、あるいは3拠点で電話会議を行う際の、時刻決めをサポートする為に作成。
     直感に訴える作りなので、自分ではお気に入りだが、世間には広まらなかった。
     需要が無かったのかな?

  季節時計
      「季節感を味わうこと」を趣味とする私としては、この様なものが欲しかった。
     季節の位置づけを直視できるので満足している。
     YAHOOへは登録されなかったが、Google のディレクトリに登録された。
     場所は「家庭」の「暮らし」。日本の豊かな季節表現を大事にしたい。

  世界の気温と雨季のグラフ
      海外旅行者をターゲットにして作ったもの。
     でも、この分野は競合が多くて検索エンジンで上位表示されなかった。
     雨の降らない季節が視覚的に確認できるので、自分としてはお気に入り。

  ハーブ蒸留日記
      2002年に公開した趣味のサイト。その後、時々更新しています。
     内容は手作り蒸留器による、身近なハーブの蒸留。およそ30種類の蒸留結果を載せてあります。
     類似のサイトが無い為か、検索すると上位に表示されました。

  ガラス瓶式ハーブ蒸留器の作り方
      これも蒸留系サイト。自分だけ蒸留を楽しんでいては申し訳ないと思って作ったサイトです。
     誰でも自作できる事を念頭に、部品や工具を選びました。
     また、蒸留している様子を動画(YouTube)に載せました。
     これらの工夫の結果だと思いますが、来訪者の滞在時間が長い事が、このサイトの特徴です。


余談;川幅日本一の理由

   川幅日本一の地の生まれです(吉見側)。広い理由は東京を守る為。
  秩父の山に大雨が降ると、その水は荒川に集まり、濁流となって東京を襲う。
  それを防ぐために荒川の中流域に、国策として巨大な遊水地が設けられた。
  水流を弱める為のバッファーですね。だから普段は空っぽで、万一の為の空間。
  具体的には、水没する事を前提に作られた広大な河川敷です。この幅が約2500m。
  機能を発揮するのは十年に一度くらいでしょうか。秩父山地に500oレベルの大雨
  が降った時です。その時には河川敷が泥水で満たされ、堤防で囲まれた広大な
  沼が出現します。これが川幅日本一の真の姿。濁流を受け止めた巨大なプール
  とも言えます。とは言え、普段は細い川が流れているだけ。それを見た人は誰も
  が「呼称詐欺」と思うでしょう。見た目ではその通りなのです。でも、東京を守
  る為の隠れた存在、そう思って頂くと、騙され気分も幾らかは減るのではないで
  しょうか。

   ここから下は悲しいストーリーですから興味ある場合だけ御覧下さい。
  先ほど申し上げた濁流プールですが、川の両側の堤防2本と、「横堤」と書く
  のですが、川に直角な堤防1本とで構成されます。横堤の本来の目的は、水の流
  れを意図的に邪魔する事、つまり濁流の流れを弱める事ですね。行き先を塞が
  れた濁流はどうなるでしょう。横に流れを変えて、川と平行な堤防に衝突しま
  す。この衝突が続けば、受け側の堤防は耐え切れずに最終的には崩壊。つまり、
  東京を守る第一段階は、広大なプールに濁流を貯める事、そして更に濁流の
  流入が続けば、横堤の付け根が切れて、プールに溜まった泥水が周辺地域へ流出。
  この様なストーリーはどこにも書いてありませんが、小学校の授業で聞いた記憶
  があります。あるいは地元民の被害妄想かもしれません。
  ここまで読んで頂いて有難うございます。いつかは書こうと思っていました。


メールアドレス
  jah03746@nifty.com
                                        以上